初級システムアドミニストレータ 平成21年春 問37

データのバックアップに関する記述のうち、適切なものはどれか。

  • ア: バックアップからの復旧時間を最短にするために、差分バックアップ方式を採用する。
  • イ: バックアップからの復旧処理でランダムアクセスを可能にするために、磁気テープにバックアップする。
  • ウ: バックアップしたデータの整合性を保証するために、バックアップ処理と業務処理が重ならないようにスケジューリングする。
  • エ: バックアップ処理の時間を最短にするために、同一記憶媒体にバックアップする。

 

 

解答を見る