「ネットワーク管理」カテゴリーアーカイブ

【応用情報・基本情報】
・ネットワーク運用管理の管理項目,管理方法を修得し,応用する。
・ネットワーク管理のためのツール,プロトコルの機能,仕組み,利用法を修得し,応用する。

ネットワーク管理

情報処理技術者試験での学習内容

【応用情報・基本情報】
・ネットワーク運用管理の管理項目,管理方法を修得し,応用する。
・ネットワーク管理のためのツール,プロトコルの機能,仕組み,利用法を修得し,応用する。

(1)ネットワーク運用管理 基本情報 応用情報

1.構成管理

構成情報を維持し,変更を記録する構成管理の管理方法を理解する。

用語例:ネットワーク構成, バージョン, SDN ( Software-Defined Networking ),OpenFlow

2.障害管理

障害の検出,分析,対応を行う障害管理の管理方法を理解する。

用語例:情報収集,障害の切分け,障害原因の特定,復旧措置,記録

3.性能管理

トラフィック量と転送時間の関係の分析などによる,ネットワークの性能の管理方法を理解する。

用語例:トラフィック監視

(2)ネットワーク管理ツール 基本情報 応用情報

ネットワーク管理に利用されているツールの機能,仕組みを理解する。

用語例:ping,ipconfig,arp,netstat

(3)SNMP 基本情報 応用情報

ネットワークを構成する機器を集中管理するためのプロトコルであるSNMP とMIB(Management Information Base:管理情報ベース)を使用したトラフィック解析方法を理解する。

用語例:SNMP エージェント,SNMP 管理ステーション,MIB(Management Information Base:管理情報ベース),get 要求,put 要求,trap 要求

ネットワーク運用管理

この記事での学習内容 基本情報 応用情報

  • 構成情報を維持し,変更を記録する構成管理の管理方法を理解する。
  • 障害の検出,分析,対応を行う障害管理の管理方法を理解する。
  • トラフィック量と転送時間の関係の分析などによる,ネットワークの性能の管理方法を理解する。

用語例:ネットワーク構成, バージョン, SDN ( Software-Defined Networking ),OpenFlow、情報収集,障害の切分け,障害原因の特定,復旧措置,記録、トラフィック監視

構成管理

構成情報を維持し、変更を記録することです。

  • ネットワーク構成の管理
    • 対象:コンピュータと周辺機器、ネットワーク機器:設定内容、接続図、購入日、リース期限など
    • アドレスの管理:無線LANアクセスポイントへの接続可能なMACアドレスの一覧、ローカルIPアドレスの採番ルールと付与済みアドレスの一覧、サブネットマスクなど
  • バージョン管理
    • ソフトウェア:コンピュータやルータ、ゲートウェイなどのOSやシェルの種類とバージョン、共有しているソフトウェアのバージョンなど
    • ドキュメント:構成管理で作成した文章のバージョンと更新履歴など

障害管理

障害管理とは、不具合の検出、分析、対応を行うことです。

性能管理

ネットワークの性能の分析と監視を行います。トラフィック量と転送時間の関係を分析し、ネットワークの性能を維持管理します。

また、トラフィックの監視も重要です。異常な通信の発見とネットワークの混雑の発生などを察知し、ネットワークのスループットの低下やレスポンスタイムの増大を防止します。

ネットワーク管理ツール

この記事での学習内容 基本情報 応用情報

ネットワーク管理に利用されているツールの機能,仕組みを理解する。

用語例:ping,ipconfig,arp,netstat

TCP/IPのトラブルシューティングツール

TCP/IPのトラブルシューティングには、TCP/IPユーティリティを利用します。主なOSにコマンドとして含まれています。

ネットワークで多いトラブルは、他のコンピュータと通信できないというものなので、TCP/IPユーティリティのコマンドを使用すると、コンピュータや周辺機器のどこで障害が発生しているかを切り分けて特定することが出来ます。

ping

コンピュータや周辺機器が正しく接続されているか(導通可否)と、通信にかかる時間(応答時間)を測定できます。

ipconfig

TCP/IPの構成情報を確認します。正しく設定されている場合には、IPアドレスやサブネットマスクなどの値が表示されます。

arp

ARPテーブルを表示および変更するためのコマンドです。ARPテーブルとは、IPアドレスとMACアドレスの対応情報です。

netstat

TCP/IPの通信状況を表示します。接続しているコンピュータの一覧やルーティングテーブルなどを表示することが出来ます。

 

SNMP

この記事での学習内容 基本情報 応用情報

ネットワークを構成する機器を集中管理するためのプロトコルであるSNMP とMIB(Management Information Base:管理情報ベース)を使用したトラフィック解析方法を理解する。

用語例:SNMP エージェント,SNMP 管理ステーション,MIB(Management Information Base:管理情報ベース),get 要求,put 要求,trap 要求

SNMP(Sinple Network Management Protocol)

SNMPとは、ネットワークに接続された通信機器を管理するプロトコルのことです。

  • TCP/IPネットワークにおいて、ネットワーク管理を可能とします。
  • ネットワークに接続された通信機器をネットワーク経由で監視・制御します。
  • 監視対象にSNMPエージェントを置き、SNMP管理ステーションから監視します。

SNMPエージェント

SNMPエージェントとは、SNMPで監視される側に必要な仕掛けのことです。

  • 監視される側(PC、スイッチ、ルータなど)の仕掛けであり、SNMP管理ステーションとの情報交換を行います。
  • 管理用のデータベースであるMIBが組み込まれており、収集した情報を効率よく蓄積・管理できます。
  • SNMP対応機器にはあらかじめ組み込まれています。

SNMP管理ステーション

SNMPで監視する側の仕掛けであり、SNMPエージェントとの情報交換を行います。管理・監視する対象のMIBに基づき、適切な設定を行うことが出来ます。

MIB(Management Information Base:管理情報ベース)

SNMPエージェントに組み込まれている管理情報データベースのことです。