データ資源管理

この記事での学習内容 基本情報 応用情報

データの属性,意味内容,格納場所など,データを管理するための情報(メタデータ)を収集,管理したデータディクショナリや,ソフトウェア開発と保守における様々な情報を一元的に管理するリポジトリを理解する。

IRDS(Information Resource Dictionary System:情報資源辞書システム),ファクトデータベース,リファレンスデータベース,データベースサービス

データディクショナリ

データ項目の名称や意味を登録した辞書のことです。「データ辞書」と呼ぶこともあります。

企業情報システムにおけるデータディクショナリは、データの整合性を保つためのデータ定義を標準化する役割を果たします。

データベースの重複や、同じ意味を持つデータの呼び方が複数存在したり、逆に同じ名称のデータが異なる意味を持ったりして、システムが肥大化することを防ぎます。

リポジトリ

リポジトリはデータベースの類似語であり、様々な意味で使われます。小さなデータベース、簡易なデータベース、検索機能のある文書ライブラリ、あるいはユーザが意識しないシステム内部の共通データやメタデータのファイルなどの意味で使われます。全体として、「小さめの」や「共有資産」のようなニュアンスがあります。

特に文書・プログラムのバージョン管理システムではリポジトリという用語が使われることが多くあります。

IRDS(情報資源辞書システム)

情報資源辞書システム(Information Resource Dictionary System:IRDS)とは、データベースのデータ辞書にとどまらず、情報資源全体の辞書システムです。

全社情報システムの辞書、ソフトウェア開発支援システムの辞書、およびデータベース設計の時に必要な辞書を、標準化して統合管理するシステムです。