運用の管理

この記事での学習内容 基本情報 応用情報

システム始動処理(OS の初期化),システム終了処理,オペレータとの交信,ユーザ管理機能,スケジューリング,システムモニタリングなど,運用に関する容易性や柔軟性を実現する機能を理解する。

用語例:プロファイル,ユーザアカウント,システム利用権,ファイルアクセス権,端末利用権,ディスククオータ

運用に関する容易性や柔軟性を実現する機能

オペレーティングシステムの基本的な昨日は、個々のプログラムの運用(実行)を管理することです。その他プログラム群の全体の運用管理をする機能もあります。それによってユーザが全体の運用をする操作が用意かつ安全になります。また、オプションも選択できて、ユーザ間の違いに柔軟に対応します。

システム指導処理は、システムの開始時にはオペレーティングシステムのさまざまな初期化のプログラム群を一連の手続きにまとめて、ユーザの操作を容易にします。また日常のシステムの指導のときには、基盤となるプログラム群をまとめて実行開始します。

システム終了処理は、電源をオフにする前に、基盤として実行されていたプログラム群をまとめて終了させます。

運用の面倒を見るオペレータのためには、システムと更新する機能、システムの状態を監視するためのシステムモニタリング機能、および定形操作や期日指定の処理を容易にするスケジューリング機能があります。

その他に、ユーザ管理、セキュリティ制御、および障害管理の機能があります。