記録媒体の種類と特徴

この記事での学習内容 ITパスポート 基本情報 応用情報

取り外しできる記録媒体(リムーバブルメディア)の種類,記録容量,可搬性,利用法,用途などの特徴を理解する。

用語例:読出し専用型,追記型,書換型,ハードディスク,SSD(ソリッドステートドライブ),光ディスク,CD(CD-ROM,CD-R),DVD(DVD-ROM,DVD-RAM,DVD-R),ブルーレイディスク,光磁気ディスク,MO,半導体ディスク,フラッシュメモリ(USB メモリ,SD カード),ストリーマ,DAT,RAM ファイル

メモリを使った補助記憶装置

小型で持ち運びしやすい補助記憶装置には、SDカードやUSBメモリスティックなどがあります。

これらには、電源を切っても内容が消えない半導体メモリである、フラッシュメモリが使われているのでアクセスが高速です。

容量は数十MBのものから、数百GBのものもあります。

光ディスク

光ディスクは樹脂やアルミの円盤の表面のピットと呼ばれる穴を記録情報として、レーザー光を用いてデータを書き込み、読み出しする補助記憶媒体です。

名称特徴容量
CD-ROMCD-Read Only Memory
読み出し専用の光ディスク
650~700Mバイト
CD-RCD-Recordable
追記は出来るが書き換えはできない
650~700Mバイト
CD-RWCD-Re Writable
書き換えが可能
650~700Mバイト
DVD記録密度が高く大容量な光ディスク。片面記録や両面記録、2層記録など様々な方式がある。
読み出し専用のDVD-ROM、追記型のDVD-R、書き換え可能なDVD-RAM等がある。
数Gバイト
規格により異なる
ブルーレイ波長の短い青紫色のレーザーを使うことで記録密度を向上した光ディスク。片面1層で約25GB
両面2層で約50GB

 

磁気テープ

磁気テープは、粉末状の磁性体をテープ状のフィルムに塗布した記録媒体です。磁化の変化により情報を書き込み、読み出しする磁気記録媒体の一種です。

テープを巻き取るという構造上、アクセスは低速で、順読み出ししか出来ません。しかし数十~数百Gバイトなどの容量があり、単価が安いので、データのバックアップ用に使われます。

ストリーマ

磁気テープを記憶媒体とする補助記憶装置を、磁気テープ装置あるいはストリーマといいます。ストリーマはデータを次々と転送するストリーミング方式を用いるという意味の名称です。

磁気テープを扱う補助記憶装置には、音楽カセット用のDATの技術を用いたDDSなどがあります。