初級システムアドミニストレータ 平成20年秋 問22

インタプリタ方式によるプログラムの特徴として、適切なものはどれか。

  • ア: 一般にコンパイル方式よりも処理が高速であり、大規模なプログラムの作成に向いている。
  • イ: 生成される目的プログラムがコンパイルによるものよりも大きくなる。
  • ウ: バッチ処理専用であり、会話的処理では使用できない。
  • エ: プログラムを1行ずつ翻訳しながら実行するので、処理時間がかかる。

 

解答を見る