基本情報技術者 平成20年秋 問4

浮動小数点演算において、絶対値の大きな数と絶対値の小さな数の加減算を行なったとき、絶対値の小さな数の有効けたの一部又は全部が結果に反映されないことをなんというか。

  • ア:  打切り誤差
  • イ:  けた落ち
  • ウ:  情報落ち
  • エ:  絶対誤差

 

解答を見る