「離散数学」タグアーカイブ

基本情報技術者 平成20年春 問5

浮動小数点表示の仮数部が 23 ビットであるコンピュータで計算した場合, 情報落ちが発生する計算式はどれか。 ここで,( )2内の数は2進法で表示されている。

  • ア:  (10.101)2×2-16 - (1.001)2×2-15 
  • イ:  (10.101)2×216 - (1.001)2×216
  • ウ:  (1.01)2×218 + (1.01)2×2-5
  • エ:  (1.001)2×220 + (1.1111)2×221

基本情報技術者 平成20年春 問4

数値を2進数で表すレジスタがある。このレジスタに格納されている正の整数xを 10 倍する 操作はどれか。ここで,シフトによるけたあふれは,起こらないものとする。

  • ア: xを2ビット左にシフトした値にxを加算し,更に1ビット左にシフトする。
  • イ: xを2ビット左にシフトした値にxを加算し,更に2ビット左にシフトする。
  • ウ: xを3ビット左にシフトした値と,xを2ビット左にシフトした値を加算する。
  • エ: xを3ビット左にシフトした値にxを加算し,更に1ビット左にシフトする。

基本情報技術者 平成19年秋 問4

浮動小数点形式で表示された数値の演算結果における丸め誤差の説明はどれか?

  • ア:演算結果がコンピュータの扱える最大値を越えることによって、生じる誤差である。
  • イ:数表現の桁数に限度があるので、最下位桁より小さい部分についての四捨五入や切り上げ、切り捨てを行うことによって生じる誤差である。
  • ウ:乗除算において、指数部が小さい方の数値の仮数部の下位部分が失われることによって生じる誤差である。
  • エ:絶対値がほぼ等しい数値の加減算において、上位の有効数字が失われることによって生じる誤差である。

基本情報技術者 平成21年春 問1

数値を2進数で格納するレジスタがある。このレジスタに正の整数xを設定したあと、”レジスタの値を2ビット左にシフトして、これにxを加える”操作を行うと、レジスタの値はxの何倍になるか。なお、ここで、シフトによるあふれ(オーバーフロー)は発生しないものとする。

  • ア:  3
  • イ:  4
  • ウ:  5
  • エ:  6

基本情報技術者 平成18年春 問4

数値を図に示す16ビットの浮動小数点形式で表すとき、10進数の0.25を正規化した表現はどれか。ここでの正規化は、仮数部の最上位桁が0にならないように、指数部と仮数部を調整する操作とする。

ア:0000110000000000
イ:0100110000000000
ウ:0111110000000000
エ:1000110000000000

基本情報技術者 平成22年春 問1

16進数表記の小数、2A.4Cと等しい物は、以下のうちどれか?

  • ア:  2+2+2+2-2+2-5+2-6
  • イ:  2+2+2+2-1+2-4+2-5
  • ウ:  2+2+2+2-2+2-5+2-6
  • エ:  2+2+2+2-1+2-4+2-5