ネットワーク管理

情報処理技術者試験での学習内容

【応用情報・基本情報】
・ネットワーク運用管理の管理項目,管理方法を修得し,応用する。
・ネットワーク管理のためのツール,プロトコルの機能,仕組み,利用法を修得し,応用する。

(1)ネットワーク運用管理 基本情報 応用情報

1.構成管理

構成情報を維持し,変更を記録する構成管理の管理方法を理解する。

用語例:ネットワーク構成, バージョン, SDN ( Software-Defined Networking ),OpenFlow

2.障害管理

障害の検出,分析,対応を行う障害管理の管理方法を理解する。

用語例:情報収集,障害の切分け,障害原因の特定,復旧措置,記録

3.性能管理

トラフィック量と転送時間の関係の分析などによる,ネットワークの性能の管理方法を理解する。

用語例:トラフィック監視

(2)ネットワーク管理ツール 基本情報 応用情報

ネットワーク管理に利用されているツールの機能,仕組みを理解する。

用語例:ping,ipconfig,arp,netstat

(3)SNMP 基本情報 応用情報

ネットワークを構成する機器を集中管理するためのプロトコルであるSNMP とMIB(Management Information Base:管理情報ベース)を使用したトラフィック解析方法を理解する。

用語例:SNMP エージェント,SNMP 管理ステーション,MIB(Management Information Base:管理情報ベース),get 要求,put 要求,trap 要求