データ制御

この記事での学習内容 基本情報 応用情報

利用者ごとに,データに対するアクセス制御を行う必要性があること,アクセス権限としてはデータベースに接続する権限,データを検索する権限,データを新規登録する権限,データを更新する権限などがあることを理解する。

用語例:参照権限,挿入権限,削除権限

アクセス権限

アクセス制御とは、どのユーザがどのデータにアクセスできるかという権限(アクセス権限)を決めることです。

以下のような種類のアクセス権限があり、データ制御言語を用いることで設定されたり、チェックされたりします。

  • 接続権限: データベース又はスキーマに接続する権限
  • 検索権限: データを検索する権限
  • 登録権限: データを新たに追加する権限
  • 更新権限: 既存のデータを変更する権限
  • 削除権限: 既存のデータを削除する権限
  • 使用権限: スキーマや関数などのオブジェクトを使用する権限