ヒューマンインタフェース技術

情報処理技術者試験での学習内容

【応用情報・基本情報】
・インフォメーションアーキテクチャの考え方,目的を修得し,応用する。
・代表的なヒューマンインタフェース技術の種類,特徴を修得し,応用する。
・GUI の特徴,構成部品,GUI 画面設計の手順,留意事項を修得し,応用する。

【ITパスポート】
・ヒューマンインタフェースの特徴を理解する。

(1)インフォメーションアーキテクチャ 基本情報 応用情報

インフォメーションアーキテクチャ(情報アーキテクチャ)の考え方,目的,情報の組織化(五十音,カテゴリなど),構造化(階層型,タグ付けなど)などを理解する。

用語例:ラベル,チャンク,ナビゲーション,LATCH(Location,Alphabet,Time,Category,Hierarchy)法,階層型,直線型,Web リンク型,フォークソノミー型,セマンティックWeb,メタデータ

(2)ヒューマンインタフェース ITパスポート 基本情報 応用情報

ヒューマンインタフェースを決定する要件,インタフェースを実現する技術の種類,特徴を理解する。

用語例:ユーザビリティ,アクセシビリティ,インタラクティブシステム,音声認識,画像認識,動画認識,特徴抽出,学習機能,選択的知覚,ユーザ操作の分析,身体的適合性,ノンバーバルインタフェース,マルチモーダルインタフェース,空間型インタフェース,自然言語インタフェース

(3)GUI ITパスポート 基本情報 応用情報

グラフィックスを用いた視覚的な表示,ポインティングデバイスなどによる直感的な操作などGUI の特徴,GUI で使われる構成部品の特徴と役割,GUI 画面設計やシナリオなどを使用した設計の手順と留意事項を理解する。

用語例:ウィンドウ,アイコン,ラジオボタン(ラジオボックス),チェックボックス,リストボックス,プルダウンメニュー,ポップアップメニュー,テキストボックス