開発ツール

情報処理技術者試験での学習内容

【応用情報・基本情報】
ソフトウェア開発に用いる開発ツールの種類,特徴,機能を修得し,応用する。

【ITパスポート】
オフィスツールなどのソフトウェアパッケージの特徴と基本操作を理解する。

(1)開発ツールの種類と特徴 基本情報 応用情報

設計を支援するツール,プログラミングやテストを支援するツール,ソフトウェア開発の各工程を通して自動化,効率化を目的とするツール,開発作業全体を一貫して工程を支援するIDE(Integrated Development Environment:統合開発環境)など,代表的な開発ツールの種類,特徴,機能を理解する。

用語例:設計支援ツール(SADT:Structured Analysis and Design Techniques,SREM:Software Requirement Engineering Methodology,PSL/PSA:Problem Statement Language /Problem Statement Analyzer),設計ツール,ドキュメント生成ツール,構築ツール,テストツール(静的デバッギングツール(プリティプリンタ,クロスリファレンス),動的デバッギングツール,静的解析ツール(ソースコード解析ツール,プログラム構造解析ツール),動的解析ツール(テストデータ生成ツール,テストカバレージツール,テストベッドツール,プログラム検証ツール)),ツールチェーン, エミュレータ,シミュレータ, ICE ( In-Circuit Emulator:インサーキットエミュレータ),トレーサ,インスペクタ,スナップショット,アサーションチェッカ,バージョン管理ツール

(2)言語処理ツールの種類と特徴 基本情報 応用情報

代表的な言語処理ツールの種類,特徴,機能を理解する。

ジェネレータ,原始プログラム,プリプロセッサ,アセンブラ,コンパイラ,実行時コンパイラ,クロスコンパイラ,インタプリタ,目的プログラム,リンカ,ローダ,ロードモジュール