ITパスポート 平成22年春 問56

PCのOSに関する記述のうち、適切なものはどれか。

  • ア: OSが異なっていてもOSとアプリケーションプログラム間のインタフェースは統一されているので、アプリケーションプログラムはOSの種別を意識せずに処理を行うことが出来る。
  • イ: OSはアプリケーションプログラムに対して、CPUやメモリ、補助記憶装置などのコンピュータ資源を割り当てる。
  • ウ: OSはファイルの文字コードを自動変換する機能を持つので、アプリケーションプログラムは、ファイルにアクセスする時にファイル名や入出力データの文字コードの種別の違いを意識しなくても処理できる。
  • エ: アプリケーションプログラムが自由にOSの各種機能を利用できるようにするために、OSには、そのソースコードの公開が義務付けられている。

 

解答を見る