システムの経済性の評価

この記事での学習内容 ITパスポート 基本情報 応用情報

システムの経済性に関する評価の考え方,評価項目,指標,評価の対象と具体的な方法や,初期コスト(イニシャルコスト)やTCO による評価を理解する。また,初期コスト,運用コスト(ランニングコスト)に含まれる費用,直接コストと間接コストの区別などを理解する。

システムの経済性

 

システムを新たに導入するときには、ソフトウェアの開発費用はハードウェアの購入設置費用といった初期コストがかかります。

また、導入後には設備維持費や光熱費、人件費、リース料などの運用コスト(ランニングコスト)がかかります。

システム導入を検討する際には、ランニングコストを含めた総保有費用(TCO:Total Cost of Ownership)を試算して、費用対効果を検討する必要があります。

リースとレンタル

・リース
 数ヶ月~数年の長期の賃貸契約
 期間あたりの費用は安い
 基本的には中途解約は出来ない
 修繕費などの維持管理コストは貸した側が負担する

・レンタル
 数日程度の短期の賃貸契約
 期間あたりでは割高
 修繕費用は借りた側が負担する