基本情報技術者 平成20年春 問6

方程式f (x )=0の解の近似値を求めるアルゴリズムとして知られるニュートン法に関する記述として、適切なものはどれか。

  • ア: y =f (x )の接線を利用して解の近似値を求めるものである。
  • イ: 関数f (x )が解の付近で微分不可能であっても、解の近似値を求めることができる。
  • ウ: 異なる初期値を二つ与える必要がある。
  • エ: どのような初期値を与えても、必ず解の近似値が得られる。
解答を見る