「入出力装置」タグアーカイブ

応用情報技術者 平成28年秋 問57

次の処理条件でサーバ上のファイルを磁気テープにバックアップするとき, バックアップの運用に必要な磁気テープは何本か。

〔処理条件〕

(1) 毎月初日(1日)にフルバックアップを取る。 フルバックアップは1回につき磁気テープ1本を必要とする。

(2) フルバックアップを取った翌日から次のフルバックアップまでは,毎日,差分バックアップを取る。 差分バックアップは,差分バックアップ用として別の磁気テープ1本に追記し, 1か月分が1本に記録できる。

(3) 常に6か月前の同一日までのデータについて,指定日の状態にファイルを 復元できることを保証する。 ただし,6か月前の同一日が存在しない場合は,当該月の月末日以降のデータについて, 指定日の状態にファイルを復元できることを保証する。 (例: 10 月 31 日の場合,4月 30 日以降のデータについて,指定日の状態にファイルを 復元できることを保証する。)。

  • ア: 12
  • イ: 13
  • ウ: 14
  • エ: 15

基本情報技術者 平成15年秋 問16

フラッシュメモリに関する記述として,適切なものはどれか。

  • ア: 記憶内容を保つための再書込みが不要で,電気的に全部又は一部分を消して内容を書き直せるメモリである。
  • イ: 紫外線で全内容を消して書き直せるメモリである。
  • ウ: データを速く読み出せるので,キャッシュメモリとしてよく用いられる。
  • エ: リフレッシュ動作が必要なメモリで,主記憶に広く使われる。

基本情報技術者 平成23年秋 問14

磁気ディスク装置のヘッドが現在シリンダ番号 100 にあり, 入出力要求の待ち行列にシリンダ番号 120,90,70,80,140,110,60 が並んでいる。 次の条件のとき,ヘッドが移動するシリンダの総数は幾らか。

〔条件〕
(1) 入出力要求を並べ替えて,できるだけヘッドを一方向に動かし,シリンダ番号順に処理する, シーク最適化方式である。
(2) 現在までの要求は,シリンダ番号が増加する方向にある。
(3) 現在の方向に要求がないとき,ヘッドの移動方向を変える。
(4) 要求順を変更しても,処理結果に影響はない。
(5) 処理中に新たな要求は発生しない。

  • ア: 80
  • イ: 120
  • ウ: 160
  • エ: 220

初級システムアドミニストレータ 平成21年春 問5

プラズマディスプレイの説明として適切なものはどれか。

  • ア: ガス放電によって発生する光を利用して映像を表示する。
  • イ: 自身では発行しないので、バックライトを使って映像を表示する。
  • ウ: 電極の間に有機化合物を挟んだ構造で、これに電気を通すと発光することを利用して映像を表示する。
  • エ: 電子銃から電子ビームを発射し、管面の蛍光体に当てて発光させ、文字や映像を表示する。