「データ構造」タグアーカイブ

基本情報技術者 平成21年秋 問5

空のスタックに対して次の操作を行った場合、スタックに残っているデータはどれか。ここで、”push X”はスタックへデータ X を格納し、”pop”はスタックからデータを取り出す操作を表す。

push 1 → push 2 → pop → push 3 → push 4 → pop → push 5 → pop

  • ア: 1と3
  • イ: 2と4
  • ウ: 2と5
  • エ: 4と5

ITパスポート 平成22年春 問85

下から上へデータを積み上げ、上にあるデータから順に取り出すデータ構造(以下、スタックという)がある。これを用いて、図に示すような、右側から入力されたデータの順番を変化させて、左側に出力する装置を考える。この装置に対する操作は次の3通りである。

  1. 右側から入力されたデータをそのまま左側に出力する。
  2. 右側から入力されたデータをスタックに積み上げる。
  3. スタックの一番上にあるデータを取り出して左側に出力する。

この装置の右側から順番に X, Y, Z を入力した場合に、この1~3の操作を組合せても、左側に出力できない順番はどれか。

  • ア: X, Z, Y
  • イ: Y, Z, X
  • ウ: Z, X, Y
  • エ: Z, Y, X

基本情報技術者 平成21年春 問6

配列と比較した場合の連結リストの特徴に関する記述として、適切なものはどれか。

  • ア: 要素を更新する場合、ポインタを順番にたどるだけなので、処理時間は短い。
  • イ: 要素を削除する場合、削除した要素から後ろにある全ての要素を前に移動するので、処理時間は長い。
  • ウ: 要素を参照する場合、ランダムにアクセスできるので、処理時間は短い。
  • エ: 要素を挿入する場合、数個のポインタを書き換えるだけなので、処理時間は短い。