ミドルウェア

情報処理技術者試験での学習内容

【応用情報・基本情報】
代表的なミドルウェアの役割,機能を修得し,応用する。

(1)ミドルウェアの役割と機能 基本情報 応用情報

OS と応用ソフトウェアの中間に位置する各種ミドルウェアの役割と機能,ミドルウェアの選択と利用の考え方を理解する。

用語例:応用プログラム間連携ソフトウェア,DBMS,通信管理システム,ソフトウェア開発支援ツール,運用管理ツール,TP(Transaction Processing:トランザクション処理)モニタ

(2)シェルの役割と機能 基本情報 応用情報

シェルは,利用者からのコマンド,指示を受けてそれを解釈し,プログラムの起動,制御などカーネルの機能を呼び出す役割をもつこと,及び代表的なコマンドを理解する。

用語例:コマンドインタプリタ,BShell,CShell,COMMAND.COM,cmd.exe

(3)API 基本情報 応用情報

応用プログラムから見たAPI の役割,機能を理解する。

用語例:関数,ライブラリ,Web API,API 仕様

(4)ライブラリ 基本情報 応用情報

プログラムやマクロなどを格納するライブラリを理解する。

用語例:ソースライブラリ,オブジェクトライブラリ,ロードライブラリ,DLL(Dynamic Link Library),クラスライブラリ

(5)コンポーネントウェア 基本情報 応用情報

オブジェクト指向技術を基盤としたソフトウェアの部品化によるソフトウェア開発手法であるコンポーネントウェアの考え方,代表的なコンポーネントウェア技術を理解する。

用語例:コンポーネント,Java Beans,ActiveX,CORBA

(6)開発フレームワーク 基本情報 応用情報

アプリケーションソフトウェアの標準構造の実装に使われるクラスやライブラリの集まりである開発フレームワークの考え方,代表的なフレームワークを理解する。

Apache Struts,CakePHP,Spring,Ruby on Rails