「計測・制御に関する理論」タグアーカイブ

基本情報技術者 平成21年秋 問4

産業機器の機器制御に使われるシーケンス制御の説明として、適切なものはどれか。

  • ア: あらかじめ定められた順序又は条件に従って、制御の各段階を逐次進めていく制御方式である。
  • イ: 外乱が予測できる場合に、あらかじめ外乱を想定して前もって必要な修正動作を行う制御方法である。
  • ウ: 制御量を常に検出して制御に反映しているので、予測できないような外乱に強い制御方法である。
  • エ: ”やや多い”、”やや少ない”などあいまい性に基づく制御方法である。

基本情報技術者 平成22年春 問4

フィードバック制御の説明として、適切なものはどれか。

  • ア: 外乱による影響を検知してから修正動作を行う。
  • イ: 外乱に弱く、それらの影響を増幅させてしまう。
  • ウ: 外乱を検知して、その影響が出ないように修正動作を行う。
  • エ: 外乱を予測して修正動作を行う。