トランザクション管理

この記事での学習内容 基本情報 応用情報

データベースは複数の利用者が同時にアクセスするので,トランザクション処理にはACID特性が求められること,四つの特性の意味を理解する。

ACID特性

ACID特性とは、トランザクション処理に対して、データベースに求められる4つの特性のことです。データベースには複数のユーザが同時にアクセスするので、注意が必要になります。

  • Atomicity: 原始性
  • Consistency: 一貫性
  • Isolation: 分離性
  • Durability: 耐久性
原始性(Atomicity)
一つのトランザクション処理が完全に実行されるか、そうでなければ元の状態に戻るという性質。これがないとデータベースが回復困難な状態になります。
一貫性(Consistency)
矛盾のない条件で表されるデータベースの整合性が、一つのトランザクション処理の前でも後でも保たれているという性質。
独立性(Isolation)
一つのトランザクション処理が、他のトランザクション処理に影響されないこと。
耐久性(Durability)
一つのトランザクション処理が完了したら、その結果は記録されること。これが保証されないと、障害発生時にデータベースが回復困難な状態になります。