ユーザビリティ評価

この記事での学習内容 基本情報 応用情報

ユーザビリティ評価の考え方と手法を理解する。

用語例:ヒューリスティック評価

ユーザビリティ評価

ユーザビリティとは、ユーザにとっての使いやすさの度合いです。「有効さ」「効率」「満足度」の3つの概念で表されます。

ユーザビリティを評価するための手法には、以下の様なものがあります。

ユーザビリティテスト
実際にユーザに使ってもらいながら、問題点を洗い出します。
ヒューリスティック評価
ユーザビリティの専門家が、これまでの経験に基づいて評価を行います。
チェックリスト評価
ユーザビリティ基準表を使用し、基準を満たしているかどうかをチェックしていきます。