システム構成

この記事での学習内容 ITパスポート 基本情報 応用情報

代表的なシステム構成の種類,特徴を理解する。また,システム構成要素間の機能配分,冗長構成によるシステムの信頼性向上,負荷分散によるレスポンス速度の向上などを理解する。

用語例:デュアルシステム,デュプレックスシステム,クラスタ,クラスタリング,タンデム結合,マルチプロセッサシステム,ロードシェアリングシステム,バックアップサイト,ホットサイト,ウォームサイト,コールドサイト,主系(現用系),従系(待機系),シェアードエブリシング,シェアードナッシング,密結合,疎結合,シンクライアント,ピアツーピア,グリッドコンピューティング,仮想化,VM(Virtual Machine:仮想マシン),クラウドコンピューティング,SaaS,PaaS,IaaS,マイグレーション

コンピュータシステムの構成

システムの信頼性を上げる目的で、一つの仕事に二つのシステムを用意することがあります。デュアルシステムとデュプレックスシステムが代表的です。一つのシステムで処理する形態はシンプレックスシステムといいます。

デュアルシステム

全く同じシステムを2系統用意し、並行して同じ処理を行い、結果の突き合わせを行うことで信頼性を向上させる方式です。

片方の系統で障害が発生しても、故障した側を切り離し、残りの系列で処理を中断することなく稼働できます。

デュプレックスシステム

2系統のシステムを用意し、一方を主系としてオンライン処理を行い、もう一方は待機系としておく方式です。稼働中の主系システムが故障したら、待機中のシステムに切り替えて処理を続けます。

通常、待機系はバッチ処理や開発作業などで利用するため、デュアルシステムよりコストパフォーマンスに優れます。

ホットスタンバイ

デュプレックスシステムのうち、待機系のシステムを常時起動しておき、障害発生時に瞬時に切り替えられる設計をホットスタンバイといいます。

コールドスタンバイ

デュプレックスシステムのうち、待機系のシステムは通常別の処理を行い、主系の障害発生時にはその処理を中断して、システムを再起動してから切り替える構成をコールドスタンバイといいます。

ピアツーピア(P2P)

ネットワーク上のコンピュータに特別な役割を与えず、お互いを対等の関係でつなぐ形態をピアツーピアといいます。

ピアツーピア型のネットワークでは、一つのコンピュータがあるときはクライアントとなって、他のコンピュータの機能を利用し、またあるときはサーバとなってサービスを提供するので、専用のサーバは必要ありません。

ホットサイト

ほっとサイトとは、ハードウェア、ソフトウェア、データ等が主要サイトと同じ状態で作動しているバックアップサイトです。ここでいう「サイト」とはコンピュータシステムやその設置場所の意味です。

準備OKの状態で待機しているので、最も短時間に交代が可能ですが費用が高くなります。

コールドサイト

コールドサイトとは、ハードウェア、ソフトウェア、データの基本的なものは用意されているものの、完全には主要サイトと同じ状態にはなっていないバックアップサイトです。

費用は最も安いですが、交代するには最も時間がかかります。

ウォームサイト

ウォームサイトとはホットサイトとコールドサイトの中間の性質を持つバックアップサイトです。ハードウェア、ソフトウェア、データは主要サイトと似た状態に保たれているものの、交代するには少々の作業を必要とします。

費用も交代に要する時間も、ホットサイトとコールドサイトの中間です。